平山温泉 すやま旅館

 最近では山鹿温泉よりも人気が高いといわれる平山温泉。そのなかでも私が気に入っているのが、すやま温泉とも言われる「すやま旅館」だ。その入口には立派な石造アーチ橋が架かっている。(02/27/2009)

Mapion

 湯山橋は旧街道、南関十丁の位置に架かる石造アーチ橋。架橋は天保年間とも文久元年ともいわれる。この見事な石橋を渡って、すやま旅館を訪ねる。

 入口の藤棚はシーズンに成れば見事だろう。

 先客は山鹿の方で、毎回来ると一時間は楽しんで帰るといわれる。炭鉱華やかりし時代の話を聞いているうちに長湯してしまった。

 泉質は良いし、来ている地元の入湯客の雰囲気も良い。女湯からも楽しそうな笑い声が聞こえる。しかし鄙び過ぎて何度も通うかは疑問だ。

 銭湯風の地元の人たちが日常湯として使っている温泉が好みの人達には堪えられない名湯だろう。

熊本県山鹿市大字平山56−2
すやま旅館
0968−43−5175

営業時間 08:00 20:00 入湯料
(大人立寄)
200円 泉質 単純硫黄泉
(低張性・アルカリ性・高温泉)